Googleをお誘いする方法 その2

前回の続きです。

前の記事で、Googleに訪問してもらう方法として
1.サイトマップの作成
2.インデックス

という2種類の方法を説明しました。
続きで
3.Google パーソナライズドホームに登録する。(流行りましたね)
のご説明をしたいと思います。

この方法ですが、ちょっと前までGoogleからリンクする方法として
出回りましたね。これのyahooバージョンとかあったと思います。

少し話しが脇に逸れますが、Googleのサイトランクは7ですので
被リンクがもらえるとしたら最大級のSEO効果じゃないですか。
これってすごくないですか…

まっ、そんな都合いい話は無いですよね
理論的なことは、難しくて説明できませんが。
パーソナライズドホームに登録しても
サイトランク7からリンクもらった効果はないと思います。
だって、リンクしてもサイトランク上がんなかったから
(非論理的ですいません)

話を元に戻しますと
今回の論点は、Googleをお誘いする方法ですから。
その観点から見ると。
Googleが提供しているRSS(Googleリーダー)に登録するということは、
ロボットが、それを読んでくれる
はずです。
つまり、最新の記事がGoogleリーダーを通じてすぐに認識されるということです。
登録した記事は、「共有アイテム」として誰でもアクセスできるよう公開されます。
これは、Googleリーダーを通じて最新記事をインデックスさせる
ということと同じことなのです。(だと思います…)

サイトを立ち上げたら一番にしておく作業なのかもしれません。
書きながら、いま気づきました…汗

いつに無く文章量が多くなりましたが、
シリーズ「Googleに訪問してもらう方法」でした。

ちなみに、このシリーズの期間中(2日間)Googleロボットは来なかったようです。

まったく空気読めよ!!

応援よろしくお願いします→人気blogランキングへ

「情報商材:自動ツール研究所」TOPページへ


posted by 所長:博士次郎 at 00:09 | Comment(0) | TrackBack(0) | サイト管理自動ツール

Googleをお誘いする方法

前回、Googleのロボット(以下、ロボット)は、
なかなか遊びに来てくれないという記事を載せましたが
どのようにしたら遊びに来てくれるかという話をしたいと思います。

先に書きますけど、決定打は期待しないで下さいね。

私がロボットを呼ぶために効果的と思うものは。
Googleが提供してるツールを使用し
下記のことをするのが一番かなと思います。

大前提として、
1.サイトマップを作る。

基本は、
2.Googleにインデックスさせる。

グレーな方法で、
3.Google パーソナライズドホームに登録する。(流行りましたね)

1.から説明しますと
サイトマップを作るというのは基本です。
ページインデックスのスピードが違います。
スピードといいましたが、
ブログは遅かれ早かれ自然に全ページインデックスされると思います。
だって、Googleは「世の中のすべてのものをインデックスする。」
というのが、カンパニーコンセプトですから。(たしか…)
ただし、早期にインデックスされることを考えるとサイトマップは重要だと思います。

頻繁にサイトマップを更新する必要は無いと思いますが
SEO対策をしたとか、レイアウトを大幅に変えたとかしたときに登録されるといいと思います。
どのように、サイトマップを登録するかということですが、
次で説明する「GoogleWebマスターツール」を使います。

2.Googleにインデックスさせるですが、
1.の記事をあわせて、
やはりWebマスターツールを使うのが正解かなと思います。
みなさんご存知の「GoogleWebマスターツール」です。
このツールを使うと、サイトマップの登録、サイトのインデックスは簡単にできます。
ただし、metaタグをサイトに埋め込まないといけませんが難しくないです。
GoogleWebマスターツール」は、純正のソフトなので間違いもありませんし
操作も簡単です。

あまり知られていませんが、「GoogleWebマスターツール」には、
クロールの頻度を設定というページがあります。
そこで、ロボットに来てもらいたい頻度を設定できるようになっています。
標準設定は、「標準」になっていますが、これを「高速」に変更することが可能です。
高速だと、頻繁にきてくれるようになるようです。(頻繁の回数は不明、あまり実感もないですけど…)
ただ高速クロールを設定すると、
サーバーにより多くの負荷がかかるようですし、
クロールにエラーが出ることもあるようです。

先ほどいいましたが、サイトマップの更新は、
あまりする必要はないと考えていますが
インデックスは、記事をアップするたびに行ったほうがいいと思います。

インデックスに関しては、このページでも登録可能です。
Googleサイトの登録 / 削除
ここは、ブックマークする価値はあると思います。

記事が長くなってしまいましたので
3の記事については、次の更新に廻したいと思います。

今回は、「GoogleWebマスターツール」のご紹介でした。

応援よろしくお願いします→人気blogランキングへ

「情報商材:自動ツール研究所」TOPページへ
posted by 所長:博士次郎 at 23:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | サイト管理自動ツール

Googleが遊びに来たか確認するツール

彼は気まぐれで、遊びに来て欲しいときには来て貰えず、
「今のタイミングかよ!」と忘れたころにやってきます。

といっても友達ではなく、Googleのロボットですけどね。

このサイトのプロフィールの下に「Googleが遊びに来た日」という
項目があると思います。
これはGoogleのロボットが、最後にこのサイトを訪れた日を表しています。

ブログは、更新回数やページ数が増えていくと、
Googleのロボットの訪問回数が比例して増えていく
と言われています。
SEO的には、どんどん来て欲しいのですが
彼も暇ではないようです。

そこで「Googleが遊びに来た日」を見て確認するべきことは
前回の訪問から何日過ぎたかです。
毎日の訪問がベストでしょうが、
彼も忙しいでしょうから、ある程度訪問が無いようでしたら
お誘いした方がいいと思います。

また、サイトにSEO対策などや大幅にレイアウトを変えたりしたとき
前回の訪問に関係なく、彼をお誘いしたほうがいいかと思います。

じゃあ、彼をお誘いするにはどうしたらいいか?
ですが、次の記事でご説明しようと思います。

といっても、
彼は気まぐれで、遊びに来て欲しいときには来て貰えませんので
効果的な方法があるわけではないのですが。

スイマセン、今回ご紹介している「Googleが遊びに来た日」は、
私が勝手につけた名前で、正式名称は「Googlebotチェッカー」といいます。

ということで、今回は、「Googlebotチェッカー」のご紹介でした。

応援よろしくお願いします→人気blogランキングへ

「情報商材:自動ツール研究所」TOPページへ

タグ:SEO
posted by 所長:博士次郎 at 23:16 | Comment(10) | TrackBack(0) | サイト管理自動ツール

Favicon作成方法のご紹介

皆さんは、Favicon(ファビコンと読みます)ってご存知ですか。
お気に入りにでてくる、アイコンのことです。
私は、昨日知りました。
ってこんなサイト運営しているのにお恥ずかしい。

当然知ったら作らなきゃということで、
Favicon作成のノウハウを今回ご紹介します。

今回ご紹介するサイトは、「Favicon Japan」です。
いったいどこが運営してるんだ、Japanって。

さっきもいったように、私もFaviconのこと昨日知ったばかりなので
紹介するというより一緒に勉強する感じなのですが、
サイトを見ると、世の中っていうか世界にもいろんなFaviconが存在するんだなーと関心しきりです。
さすが、Favicon日本代表「Favicon Japan」もうすぐワールドカップだ!

すいません。

サイトに書いてある「Favicon Japan!! 16×16の小宇宙」って言葉は素適でした。

今回は、「Favicon Japan」のご紹介でした。

応援よろしくお願いします→人気blogランキングへ

「情報商材:自動ツール研究所」TOPページへ

タグ:favicon
posted by 所長:博士次郎 at 00:03 | Comment(0) | TrackBack(0) | サイト管理自動ツール

ブログの検索キーワードを分析する自動ツール

こんばんは、
最近SEOやSEMということばが氾濫してますよね。
私のブログでも氾濫してます。(私が使っているだけなんですけど)

SEOは、「検索エンジンを最適化する」という意味なんですけど
だれに向かって最適してるのでしょうか?
SEO対策とか言ってるだけで
ブログを読んでいる人に対して優しいブログとなっているのでしょうか?
キーワードやタイトルを「自分の記事を検索してくれる人」の目線に少しでも合わせことを考えているでしょうか。

という優しい感じで始まりましたが。
今回ご紹介する自動ツールは「トラックワード」です。
有名ですよね

トラックワード」をブログに設置すると、
あなたのブログの検索キーワードを詳細に分析することができます。

ということは、
あなたのブログには、このキーワードを望んでアクセスがあるということがわかるということです。

注意点もあります、そのページが「どんなキーワードで」検索されているかが表示されるようになります、
ということは、
あなたのブログに望まれているキーワードがみんなにわかってしまうという点です。
なんか恥ずかしいですね。
ですから、アクセスが多いこのブログには付けていません。
プライベートなブログに設置して、
ちょい恥ずかしい気持ちに浸っています。

今回は、「トラックワード」のご紹介でした。

応援よろしくお願いします→人気blogランキングへ

「情報商材:自動ツール研究所」TOPページへ
posted by 所長:博士次郎 at 23:26 | Comment(0) | TrackBack(0) | サイト管理自動ツール

サイトのSEOレベルがわかる自動ツール

SEO対策の為のサイトですが、実はあんまりSEO巧くないです。
結構、自信あったのですが…。
今回ご紹介する自動ツールで確認したらやっぱりへたくそでした。

今回は、「無料SEO分析ツール サーチ・ラブ」のご紹介です。
少し、エッチな感じがしますね…
私だけ?
すいません。

これは、サイトのSEOレベルがわかるツールです。
私は、はっきりわかっちゃいました。
それはもう、はっきりと。

当然、皆さんは、純粋にレベルを計って満足していただければと思います。
確認してくれる内容は、
ページサマリー、診断結果(HTML文法)、診断結果(キーワード記述)、診断結果(メタキーワードの出現頻度)、診断結果(メタキーワードのスコア)、診断結果(BODY内キーワード出現頻度)、診断結果(無効なリンク)
と多種多様です。
実このサイトは、よく使わせてもらっています。
ここのサイトはデザインもかっこよく、
私のブックマーク上位のサイトなのです。
使えるツールばかりなので、
2〜3日連続してご紹介していきたいと思います。

今回は、無料SEO分析ツール サーチ・ラブ」のご紹介でした。
エッチな感じしません?

応援お願いします→人気blogランキングへ

「情報商材:自動ツール研究所」TOPページへ

タグ:SEO
posted by 所長:博士次郎 at 02:42 | Comment(3) | TrackBack(0) | サイト管理自動ツール

とにかくシンプルで便利なサイトです。

今回ご紹介する自動ツールは、
ひとつのサイトで、リンクポピュラリティーチェック、ダウンロードサイズチェック、リンク切れチェックが確認できる超シンプルなサイトをご紹介します。サイト名は「SEOツール」です。
シンプル過ぎです…。

えー、シンプルすぎて説明に困るのですが、
個人的には、定期的にアクセスして自分のサイトのチェックをしています。HPを立ち上げたときのリンク切れのチェックにも便利です。
一度このサイトに行って見てください。
あまりのシンプルさにエラーページかなと思うくらいです。

今回は、「SEOツール」のご紹介でした。

応援お願いします→人気blogランキングへ

「情報商材:自動ツール研究所」TOPページへ
posted by 所長:博士次郎 at 23:43 | Comment(3) | TrackBack(0) | サイト管理自動ツール

検索順位を一発で確認できる自動ツール

がっかりします。
何がかというと、自分のyahooやgoogleの検索順位です。
過度な期待はしていませんが確認するたびに虚しくなります。

今回は、そんな虚しい自分を確認させてくれる自動ツール「GRC」です。
2006年のベクターのベストオンラインソフトなので皆さんご存知かもしれません。当然、無料です。

この自動ツールは、Webサイトの検索ランキングや順位変化をチェックできるソフトで、yahooやgoogleなど自分の検索順位がどの編にいるのか一発で確認できる便利なツールです。

当然ですが、高順位の方はしっかり自信もつけてもらえるツールです。

今回は、「GRC」のご紹介でした。

応援お願いします→人気blogランキングへ

「情報商材:自動ツール研究所」TOPページへ
posted by 所長:博士次郎 at 22:45 | Comment(10) | TrackBack(0) | サイト管理自動ツール

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。